噂のスキー場レポ

こんにちは、おとんです。
さて、前回の予告通り2/17に噂のスキー場「峰山高原リゾート・ホワイトピーク」に行ってきました。
いつも行っているスカイバレイより山数個分南にあるスキー場です。
いつもなら前の夜に駐車場へ乗り込むのですが、どうやら7時からしか駐車場へは入れない様子。
仕方がないので、高速のSAで夜を明かします。
翌日6時過ぎに再度出発し、現地へ向かいます。

峰山高原自体兵庫県中部より若干南にあるので、自然雪はそれほど降らず、人工降雪がメインのスキー場です。
この位置で人工降雪機が稼働する温度である以上標高を高くしなければなりません。
と言うわけでスキー場はとても標高の高い位置にあります。
当日は雪も降っていましたが、積もるような雪ではなかったです。

ベースで900mを超えています。だいたい東ハチの第3ゲレンデぐらいの高さですね。
そこまで車で上がるため兵庫県スキー場屈指のアクセス路になっています。イメージ的にはスカイバレイの下山コースが2車線になった感じです。
ここを観光バスが登ってくるので、中々壮観です。

さて、スキー場に到着したときの初見ですが、「ちっつさ」です。
お客さんの数に対して明らかセンターハウスの大きさが小さすぎます。
レンタルもレストランも芋の子を洗うようです。
画像


設備はきれいなので、気持ちよく使えますが、駐車場のあるトイレは女子トイレは凍結のため半分以上は使えないという状況で、もう少し何とかならんかな?と思います。

さて、いつも通り、遅めの出勤となります。
偵察として初心者コースから滑ります。
画像

もう、あ~って感じで、上からチョッカリで行かないと途中で若干登りなのでリフト乗り場まで届きません。
某校長先生が1本で帰ったと言うのもわかります。
さて、気を取り直して2本目はセンターコースと呼ばれる中級コースを滑ります。
有難いことで、リフトに乗っている間はそれほど風は感じません、ただし頂上に行くとふきっさらしなので、中々厳しいです。

センターコースは東ハチの3号ぐらいの斜度が数百メートルあるのですが、半分から下は合流コースのためダラダラの超緩斜面になっています。
最後のウエストコースと言われる中上級コースですが、人工雪独特のカリカリバーンが上1/3あり、ボードは中々気を使います。

割と広く誰も滑っていないので、思い思いのラインを描くことが出来ます。
東ハチのチャンピオンコースを少し緩くした位で一応未圧雪ということですが、カリカリ気味のコースです。
ただ、最後の1/3はやはり全コース共通のダラダラ緩斜面なのでそれはそれで「あ~っ」て感じです。

このスキー場のコースの問題はすべてのコースが最終的に一つの連絡通路に集まり、かつ幅が狭く、暖斜面であることにつきます。
変に暖斜面であるため練習するためにもってこいで、しかも練習する場所がないため、この通路の部分で練習する人が大勢いる+3コースの最終的な合流地点になっているのトリプルコンボでトンデモナイ人口密度率になっています。

この連絡通路でコーチングを行うスクールの見識も疑う所でもあります。
スノーボードでは途中で止まってしまうと、スケーティングを余儀なくされなくため、「峰山高原スケート場」になっています。
おちゃるも周りを初心者に囲まれて「馬群に沈んだ」状態で本人もさすがに参った様子でした。
我が家が出した答えは「もう行かない」と言う答えになりました。
せっかくナイターの23時まで滑れる券でしたが、4時間滑って帰ってきました。
最後のウルトラロング緩斜面はいかんともしがたく、コースレイアウト上改善もでき無さそうです。

きれいで新しく、設備面でもお金をかけている(なんと圧雪車が4台も)ので、それなりに繁盛している模様です。
六甲山よりスキー場しているので、インバウンドのお客さんにもいいかもしれません。
親子孫3世代スキーヤーも多くみられましたので、それなりにマックアースが描いたターゲットもマッチしているので、しばらくこの繁盛も続くでしょう。
この業界としては久しぶりの明るいニュースですので、頑張って営業してほしいです。

スカイバレイ&東ハチにも半分ぐらいお客さんを分けてほしいと思います。
滑れる人にとってはスキー場の魅力はスカイバレイ&東ハチの方が上なので初心者から脱出した人を根こそぎ持っていってほしい所です。

峰山スキー場の券が後2枚あるのでどうしようかと思いましたが、裏面を見てみるとマックアース系列でも使える模様。
次回は行ったことのない「ちくさ高原」か「万場スキー場」へ出没する予定です。
では!

この記事へのコメント

よっしーパパ
2018年02月22日 04:08
4時間も良くがんばりました

上中級コースリフト終点は
暁晴山という兵庫100名山です。
(日本100名山ではありません)
オガッピー君とバイクで登りました。
初心者コース若干登り部分はキャンプ場でした。
オガッピー君とトイレだけ立ち寄りました。
駐車場ゲートには女性の裸像があり、
オガッピー君がオッパイを掴んで
記念写真を撮りました。
いつでも貸切的な、
廃れていくだけのイメージでしたが、
こんなに人が集まる場所になるとは
想像もできませんでした。
マックアース頑張った
御客さんが早く上達して、
スカイバレイの期間券を買ってほしいものです。
何せ2月9日購入月間券が62番なんで

コース3本に圧雪車が4台ってゴージャス
10分程でコース整備終わりそうですね。

シルバーホルンの御客さんの話でも、
駐車場へ入るのに待たされ、
リフト券売り場で待たされ、
レンタルで待たされ、
朝一に来たのに滑れたのは昼だったそうです。

今年は峰山高原リゾートホワイトピークやめときます

東鉢の春駒さんが廃業で
スノーランドもなくなったので、
江○さんのモーニングコーヒーも
無くなったらしいです。
150円で大盛り可だったらしいです。

次の万場ちくさレポート楽しみにしています。




おとん
2018年02月26日 23:45
>よっしーぱぱさん
マックアースは普通の綺麗なスキー場を作っただけです。
綺麗な暖かい温水便座のトイレを作って小さい子供でも、お年寄りでも安心して用を足せるトイレを作りました。
昔の簡易水洗、冷たい便座なんてもうやめてほしいです。
奥伊吹スキー場が奇跡の復活を遂げたのもホテル並みな綺麗なトイレ、パウダールームを整えた綺麗なセンターハウスに建て替えただけでコースも、リフトも変えず入場者数更新街道バク進中です。
奥伊吹をプロデュースした人はすごいと思います。
スカイバレイはまだきれいなトイレ、中途半端ですが、きれいなレストハウスがあります。
フリーWiFiでも飛ばして、滞在時間を増やす努力をして、もう少しお値頃感のあるメニューをたくさん揃えればお客さんも小銭を落としてくれます。
コンテストをしている場合ではありません。
もっと顧客志向を目指してほしい所です。